ダイビングライセンスを取得するならレーブ

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ワールドダイバー・コバヤシ

コロナ前、ワールドダイバーとして

海外でダイビングしてた日々が懐かしい・・

 

ドーモ、コバヤシです(๑´ε`๑)

 

今日はワールドダイバーが経験した

海外でのダイビング

「マジか」な出来事を振り返り✋

 

舞台はイタリア🍋シチリア島

歩いてるだけで映える!

 

映える!?

たまにワケわからん生首ありーのですが

 

映画「グランブルー」の舞台

シチリア島のタオルミーナ。

 

景色めっちゃいい!

ご飯全部オイシー!

海っぺりのステキ街!

 

大阪スタッフの大庭と共に。

この船=ダイビングショップ

船長は奥さんが大阪におるというアレックス。

 

このシチリア島ダイビングで

 

マジかその①

■タンクサイズ、バラバラやん

しかも赤い。

 

サイズの衝撃がありすぎて、もはや色とかどーでもいい。

それより刻印がないから

●容量ワカラン

●重さワカラン

すなわち

ウェイト何キロつけたらえぇねん問題

 

しかもドライスーツやし。

一旦、思考回路停止中のワールドダイバー。

 

ここは長年の経験でカバー。

一瞬焦ったけど、大した問題じゃナイ。

 

よっゆー。

カプチーノうまし。

 

マジかその②

■タンクのエア、くせぇ

はいビックリー。

え、毒ガス?

他のタンクも全部クサイやん?

死ぬんちゃうん?

 

・・・どうにでもなれー

腹、括りましたー。

 

そっから3年、生きてますわ。

 

マジかその③

■ドライホースが無かった

またしてもウッソーン。

 

長距離のヨーロッパ旅行。ただでさえ荷物多いのに、ダイビング器材なんか一式持ってけるかぁ!

ダイコンとマスクとスーツだけ持ってくわぁ!

どんな器材でも使いこなしたらぁ!

 

と余裕でいたものの

そもそも無い!ってゆう・・・

 

「自分、チキンなんで」

と、わざわざ器材一式を持って来てた大庭。

 

やっぱえぇなー、マイ器材。

 

見知らぬ土地。

言葉はギリギリ通じない。

タンクは赤いし

ウェイト不明やし

毒ガスやし・・

 

その上ホースが1本足らん器材!

 

無理やり解決!エントリー。

 

若干ストレスとの闘いながらのダイビング

そこは経験値とアドレナリンでギリ、カバー。

 

↓ 毒ガス呼吸中

 

以上、シチリア島での「マジか」でした(๑´ε`๑)

 

 

ちなみに水中はこんなカンジ!

地形ありーの

 

沈船ありーの

 

現地ガイドのアレックスは

突然、水底を掘り出しーの

 

何かの破片。

トレジャーダイビング?

 

割と漫画みたいな楽しみ方のダイビングが主流・・ポイ!?

 

ジャパニーズにはよくわからないその破片を

大事そうに抱えて船に持って帰ってたアレックス。

 

ほんでナンボ?

気になるところ。

 

なんやかんやで

「地中海で潜った」ってゆー経験値をGET。

 

初日から野宿など

ダイビングのみならず、

予期せぬトラブルはありつつ

楽しかったなー!

 

この経験を生かしてヒトコト。

 

ダイバーよ

たくましくあれ。

 

 


レーブ横浜店は新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して営業・ツアー開催をしております🌈
ご協力をお願い致します。

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

1

名様